階段昇降機お助け隊
驚きの階段昇降機情報をあなたに!

高齢や、膝が痛いなど、さまざまな理由で家の2階に上がる事ができなくなることがあります。ケガなど、治る可能性がある場合には、短期間2階を使用するのをやめれば済むことですが、加齢などによるものの場合、これからずっと2階を使用することができなくなる可能性があります。また、筋力の低下によって転びやすくなっている場合には、2階への上り下りが危険になることもあります。それを解消する方法の一つに、階段昇降機があります。階段昇降機とは、階段に沿って自動に動く椅子がついているもので、椅子に座ってスイッチを入れれば、2階まで自動的に運んでもらうことができます。ホームエレベーターに比べて設置費用も安く、階段に沿って取り付けることができるので場所の確保もしやすいのが特徴となっています。また、車椅子で乗る事が可能な階段昇降機などもあります。

お年寄りのための階段昇降機

お年寄りがいるというような家の場合はなるべくリフォームなどを行ってそうしたお年寄りの方の住みやすい家にするようにすると良いでしょう。たとえば段差などは少しでもなくすようにしましょう。段差があるとそこに引っかかってしまってこけるというようなことがあります。お年寄りの場合は、こけてしまうと、それによって骨折をしてしまう可能性が若い人より多いものですので、転倒の可能性があるようなものはなるべく無くしておくようにすると良いのです。また、階段の上り下りというのも、お年寄りにはとても負担になります。ですから、階段昇降機を付けるというようなことを考えると良いでしょう。階段昇降機ならば、そうしたお年寄りでも簡単に階段の上り下りをすることができます。転倒する可能性も減らせて、けがをすることもなくなるでしょう。

階段昇降機で危険性を減らす

お年寄りと家に住んでいるときに怖いのが何と言っても転倒することです。お年寄りは骨が弱ってきていますので、すこしこけただけでも簡単に骨を折ってしまうものなのです。また、一度骨を折ると治りが遅いので、それがもとになって寝たきりになってしまうというようなケースも少なくありませんですから、なるべくお年寄りの方が転倒をしないようにリフォームなどを考えるようにすると良いのではないでしょうか。たとえば、段差をなくしたり、手すりを付けるというようなことと同時に、階段昇降機の設置なども考えておくと良いでしょう。階段の上り下りはお年寄りにとっては転倒の危険性が非常に高いものなのです。ですから、そうした危険性を少しでも減らすためにもリフォームの時にはこのような階段昇降機を付けるというようなことを考えるようにすると良いのではないでしょうか。